現場供養や合同供養って?遺品整理で行う遺品供養

 

故人が生前使用していたものや大切にしていたものは、できるだけ大切に取り扱いたいものです。棺に入れたかったけれど叶わなかったものや仕方なく処分するしかないものについては、故人の魂が宿っているようで簡単に捨てることも難しいのではないでしょうか。

 

そのような遺族の気持ちに応えるべく、遺品整理業者では遺品供養を行っているところもあります。遺品供養とはどのように行われるものなのでしょうか。

 

 

■きちんと遺品にお別れを告げる遺品供養

 

日本では、遥か昔より物には魂が宿ると考えられてきました。それはお守りや神棚のように神の魂に関するものだけではなく、人が愛用しているものに関しても同じです。特に人形など、その人に近いものに関しては、お焚き上げなどの儀式により供養を行うのが一般的でした。

 

こうした考えは今もなおみられ、故人の身近なものや愛用品、写真などに関して供養が行われるのです。現代においては仏壇や神棚、人形だけではなく衣類やアクセサリー、布団などについても遺品供養を希望されるケースが多くなっています。

 

遺品供養については、故人の魂を供養するという意味合いの他に、遺族がきちんと故人の遺品にお別れを告げるための儀式ということもできます。そして、遺族の想いを受け取り、丁寧に供養するために遺品整理業者が遺品供養を行うのです。

 

 

■遺品供養の方法

 

 

遺品供養を行うには、主に下記のようなふたつの方法があります。

 

 

・現場供養
整理を行いながら、その場で供養を行う方法です。現場に僧侶が出向き、ご遺族の前で供養を行います。これにより、ご遺族は故人の思い出の品物ときちんとお別れをすることができます。

 

 

・合同供養
事情があって現場供養ができない場合などに、品物を遺品整理業者が引き取った後、他の故人の遺品と合わせて供養を行うものです。業者が用意した場所に僧侶を招いて行われることになり、希望があれば遺族が立ち会うこともできます。立ち合いができない場合は、供養の証明書が後日に郵送されるケースが多くみられます。

 

 

これらの方法については、遺品整理業者によってどちらに対応しているかが異なります。例えば、現場供養ではなく合同供養のみを取り扱っているという場合もあるので、遺品供養を希望する場合には確認しておきましょう。また、遺品供養の料金が基本料金に含まれているかオプションになるかも業者によって異なります。さらに合同供養の際には、遺品の量によって別料金が発生するといったパターンもあるため、依頼の際には一度問い合わせてみることをおすすめします。

 

 

■遺品供養についても承っております

 

故人の大切なものとしっかりお別れをして気持ちの整理をつけるために、遺品供養は誠心誠意行われるべきものです。遺品整理業者は、それぞれの品物を大切に取り扱うと同時に、遺族の方の気持ちに寄り添うべく、遺品供養についても丁寧に対応しているのです。

 

土金株式会社では、合同供養を承っております。ご希望であれば、お気軽にご依頼ください。遺品整理後に故人の品物をしっかりお預かりし、最後まで心を込めて遺品供養を行わせていただきます。