見積もりは必ず確認!遺品整理業者に依頼するときの注意点

 

遺品整理をするにあたって業者に依頼をするとき、作業の質や料金の詳細は気になるものです。故人の大切な遺品をきちんと処理するため、そしてすっきりした気持ちで遺品整理を終えるために、気をつけるべき点がいくつかあります。

 

以下では、遺品管理業者を選ぶときや見積もりを取るときの注意点についてみていきます。

 

 

■遺品整理業者を選ぶときの注意点

 

より質の高い作業を依頼するために優良な遺品整理業者を選ぶのが理想ですが、中には悪徳ともいえる業者も存在します。そのような業者を選ばないようにするためには、以下の点に注意する必要があります。

 

 

・取得している免許について確認する
特に遺品整理で品物の買取を行うには「古物商許可」という免許が必要です。免許を偽っている業者もいるので、確認しておくことが大切です。

 

 

・複数業者の見積もりを取る
遺品整理業者によってその料金には違いがあり、どこまでが基本料金に含まれていて、何がオプションとなるのかも異なります。各社の料金が適正であるかを比較するために、見積もりは複数の業者から取るようにしましょう。3~4社くらいから取れば、混乱も起きにくく比較しやすいといえます。

 

 

・明確な見積もりを提出する業者を選ぶ
悪徳な業者の中には、見積もりの時点でオプション内容や料金を明確にせず、適当に見積もりを出して後で高額を請求するところもあります。見積もりの内容についてはしっかり目を通し、明確でない項目はきちんと確認するようにする必要があります。

 

 

■見積もりを行う際に配慮したいこと

 

 

以下では、複数の業者から見積もりを取る際に特に配慮したいことをご紹介します。

 

 

・多くの業者に依頼しすぎない
見積もりを取る際には、複数の業者に依頼するのが理想です。しかし、あまりにも多くの業者に頼みすぎると、各々の業者の対応に追われることになります。複数の業者に見積もりを頼んでいること自体は問題ではありませんが、できれば3~4社くらいに留めておきましょう。

 

 

・複数の業者に見積もりを依頼している旨は伝えない。
複数の業者に見積もりを依頼していることを伝えると、業者は受注したいがあまりに過度な値引きを行うケースも考えられます。適正価格ではない過度な値引きが行われると、サービスの提供時に手抜きが起きる可能性もあります。それゆえ、適正な見積もり金額を提示されるよう、複数の業者に見積もりを依頼している点は伏せておくことが望ましいといえます。

 

 

■しっかりした見積もりを取りたい方はご相談を

 

ここまで、遺品整理業者を選ぶ際や、見積もりを取る際に注意したいことについてみてきました。これらの注意点を踏まえておけば、優良な業者を選ぶことにつながります。土金株式会社では、明確な見積もりをお出しすることを心掛けて、お客様にご信頼いただけるように努めております。

 

また、安心の低価格をご提供できるのも自慢であるほか、古物商許可免許も取得しているので、市場価値のある品物については適正に高価買取をさせていただきます。見積もりやご相談は無料のため、ぜひお問い合わせください。