遺品整理で家具を処分する前に!確認すべき隠し財産の場所

 

故人が所有していた財産については、法定相続人に相続されるのが一般的です。なお、遺族が認識している財産以外にも、故人が生前に隠し財産として所有していた、いわゆる「へそくり」が見つかることも少なくありません。遺品整理をしているときに家具の中から隠し財産が出てきたというケースも多くあります。この隠し財産に気付かず家具などを処分してしまうことのないよう、処分する前にきちんと調べることが大切です。今回は、故人が遺したへそくりがどのような場所に隠されているかについてみていきます。

 

 

■自分が自由に使える秘密のお金

 

配偶者や子どもなど近しい親族には、預金などの所在についてある程度知らせているものですが、家族の誰にも知られないようにこっそりとお金を隠しておくというケースもあります。これが、いわゆる「へそくり」です。このへそくりは、高齢者であればあるほど隠し持っていることが多く、60代以上の場合はその金額の平均が約300万円になるともいわれています。

 

自分が亡くなった後に備えて生前整理を行っている方であっても、遺言書などに隠し財産について明記しないことが少なくないといわれています。そのため、遺族が遺品整理をしていると、例えば家具の奥底にしまってあった隠し財産に気付かずにそのまま処分してしまうということも起こりえます。

 

遺品整理業者は、遺族が見つけられなかったこうした隠し財産を発見する機会に触れることも少なくありません。

 

 

■隠し財産が発見されやすいのはこんな場所

 

 

隠し財産は、どのような場所に隠してあることが多いのでしょうか。覚えておくことで、家具などを処分する前に入念に確認することができます。

 

 

・タンス
タンスの引き出しに財産が隠れているというケースが多くみられます。古い和ダンスには引き出しが二重になっているものがあり、その中に隠されていることもあります。

 

 

・畳の下、座布団の中
タンスに次いで見つかりにくい場所は、畳の下や座布団の中です。日常生活の中でめったに目を向けない場所にこっそりと忍ばせるというケースがみられます。

 

 

・キッチン
キッチンは女性の空間と考えられていることも多く、それゆえ男性にとってはあまりなじみのない場所といえます。そのため、女性の場合はキッチン周りに財産を隠すことも少なくありません。

 

 

・物置、納戸
さまざまな道具を収納する物置や納戸はめったに人が立ち寄るところではないため、隠し場所に選ばれることがあります。

 

 

・仏壇周り
特に高齢者が財産を隠しやすい場所です。仏壇は拝むことが多くても奥深くまで触ることはあまりないため、見つけられにくいという特徴があります。

 

 

■家具の中の隠し財産も丁寧に調べる業者を選ぶ

 

さまざまな場所に隠されている財産ですが、遺品整理業者であればいずれの場所にも関わることになります。

遺品整理業者を選ぶ際には、それぞれの場所を丁寧に扱い、調べる業者を選ぶことが大切です。故人の大切な遺品を扱うだけでなく、隠していた財産を有効活用するためにも、事前に隠し財産の可能性を伝えておくことが望ましいといえます。