自分で行っておく生前整理とは?遺品整理を楽にするために

 

誰かが亡くなった後、故人の遺品はその親族か親しい間柄の方が整理しなければなりません。この遺品整理は、想像以上にご遺族の負担が大きいものです。そんな遺品整理の負担を軽減するために行うのが、生前整理です。生前整理とは、自身が亡くなる前に自ら身の回りのものを整理することをいいます。今回は、生前整理の大切さについてご紹介します。

 

 

■生前整理の必要性

 

生前整理を行ったほうがよい理由はふたつあります。

 

 

①ご遺族の負担を減らすため

生前整理を行う一番の理由は、残されたご遺族が苦労しないためだといえるでしょう。故人の身の周りのものが整理されていなければ、ご遺族が遺品整理を行う際に、何が必要で何が不要なものなのか分からなくて処分に困ったり、出てきた財産の分与でもめることがあるかもしれません。故人の自宅が一軒家であればなおさら収納場所が多いので整理が大変になり、ご遺族に大きな手間と時間をかけてしまうことになりかねません。そのためにも、体力があるうちに生前整理を行っておくとよいでしょう。

 

 

②残された人生を身軽に生きるため

自ら生前整理を行うことによって、自分の意思によって不要なものを処分し、本当に必要なものだけを残しておくことができます。きれいに片付いた自宅で残りの人生を過ごすことは、心を身軽に、スッキリさせる効果もあります。また、高齢になってくるとどうしても家事や掃除が億劫になりがちです。生前整理を行うことで今後の掃除が楽になったり、「どこにしまったか分からない」と困る心配も減るかもしれません。

 

 

■生前整理の方法

 

 

以下では、生前整理の方法や注意点をご紹介します。

 

 

・財産類の整理を忘れずに

財産類の整理は、非常に大切な生前整理のひとつです。まずは、持っている財産を把握することから始めましょう。例えば、預貯金や土地、家、車、宝石など。その他にも、生命保険書、有価証券、不動産の権利書なども忘れてはなりません。それらの財産の場所などを明記した目録を作っておけば、残された家族が探し回る心配がなくなります。また、それらの財産を生前贈与する場合、相続税を節税することができるかなどを専門家に相談しておくのもよいでしょう。

 

 

・上手く断捨離するために

着なくなった洋服、食器、昔の思い出品など、なかなか捨てられないものがタンスの奥に眠っていませんか。「いつか着るかもしれない」「いつか使うかもしれない」と考えてしまってはいつまでも整理(処分)できません。断捨離する際に心掛けることは、「いらないものを捨てる」のではなく、「大事なものを残していく」イメージです。そうすれば本当に大事にしているものだけが残り、それ以外は処分することができます。

 

 

遺品整理は、ご遺族の気持ちが整理されないままに行うことになるので、なかなか進まないこともあります。少しでも生前整理しておけば、遺品整理を行うご遺族の負担を減らすことにつながります。また、自身の残りの人生を身軽に過ごすためにもなります。体力的な問題などで生前整理が難しい場合は、整理を依頼できる業者もあるので、利用してみてはいかがでしょうか。