遺品整理業者を選ぶためのポイントとは?

 

遺品整理は、故人の遺品が多すぎると大変です。また、思い入れのある品が多い場合は、気持ちの整理が付かずになかなか作業が進まない場合もあります。そんなとき、遺品整理業者を利用する方が多くいます。

高齢化社会や核家族化の影響から、遺品整理業者の数は年々増えています。その中には、悪質な業者の存在もあります。遺品整理を業者に依頼するのであれば、優良な業者を利用したいものです。

そこで今回は、優良な遺品整理業者を見極めるポイントについてご紹介します。

 

 

■優良な遺品整理業者の選び方

 

優良な遺品整理業者を見極めるポイントは、以下のとおりです。

 

 

・明確な料金システムの提示

遺品整理は、処分する品や量によって料金が大きく変動します。そのため、遺品整理後に追加料金が発生し、見積もりよりも高額な料金を請求される場合もあります。それを避けるには、追加料金の発生の有無や、発生する場合は事前に伝えてもらえるのかなどをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

 

 

・口コミを確認

インターネットの普及から、ネット上には口コミサイトがあふれています。そういった口コミサイトを利用して、業者の評判をチェックしてみるのも効果的です。

 

 

・遺品の仕分け作業が適切であるか確認

遺品整理は、一般的な不用品処分とは異なり、故人が生前に大切にしていた品物を仕分けて適切に整理する必要があります。故人が大切にしていたものは、故人本人や遺族にしか分かりません。そのため、遺族である依頼者に故人が大切にしていたものを尋ねたり、どのように整理してほしいのかを尋ねたりして仕分け方法を決定する必要があるのです。業者選びの際は、こうしたヒアリングを積極的に行ってくれるかどうかを確認しておくとよいでしょう。また、業者のホームページなどを通して、主な作業内容を確認しておくことも大切です。

 

 

■見積もりが特に重要!

 

 

遺品整理の作業には、通常、作業費・処理費・トラック費・諸経費がかかります。これらの項目が見積書に詳しく記載されている場合もあれば、「見積もり一式」として記載され、項目ごとに詳しく記載されていない場合もめずらしくありません。優良な業者を見極めるには、見積書が詳しく記載されているかどうかをチェックするのも大切です。見積書を提示してもらう際、料金は項目ごとに分かりやすく記載されているかどうか、安すぎないかどうかを必ず確認しておくようにしましょう。

 

また、見積もりを担当したスタッフが遺品整理の作業も担当してくれるのかどうか確認することも大切です。料金に関する責任は見積もりを算出したスタッフに責任があるため、作業当日に立ち会ってもらうことで料金に関するトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

 

 

故人の大切な遺品を整理する遺品整理は、信頼できる業者を選び、安心して作業を任せましょう。